こんなに格安?東京のルームシェア事情

家賃を格安でおさえることができるルームシェア。
特に、東京で一人暮らしの若い世代は、家賃をおさえることで、自分の経験や欲しいものにお金を使えるようになり、そのメリットは大きいでしょう。

この記事では、東京で一人暮らしをする方に向け、ルームシェアをすることで、家賃を格安におさえるにはどうすればいいかをシェアします。

ルームシェアをする方法

実際にルームシェアを始めるには大きく分けて2つの方法があります。

 ①ルームシェアサイトで探す

 ②ルームシェアできる人を探して賃貸を契約する

①は、ルームシェア専門の物件を集めたサイトで希望の物件を探し、すでにルームシェアが行われているところに一人で参加する方法です。

①のメリットは事前にルームメイトを探さなくて良いこと、デメリットはルームメイトがどんな人か住んでみないとわからないことです。

②は、まずは一緒に住みたいルームメイトを自分で募集し、見つかった段階で賃貸を契約して一緒に住む方法です。カップルや夫婦がしているのと同じイメージです。

②のメリットは好きなルームメイトと暮らせるのでトラブルが起きにくいこと、デメリットはルームシェアできる物件を探すのが困難なことです。

東京には、ルームシェア専門のサイトがいくつかあり、比較的ルームシェアがしやすい環境です。

ルームシェアをすれば、家賃が抑えられるだけでなく、光熱費や食費も折半できたりするので、全体的な生活コストを格安でおさえることができるのが最大のメリットとなります。

 

東京ルームシェアの相場

東京でルームシェアする場合の相場はどのくらいでしょうか。

先ほど紹介した②の場合は、単純に賃貸÷ルームシェアする人数となりますので、①の場合を見ていきましょう。

料金は、ルームシェア物件の部屋のタイプにより異なります。主に、個室とドミトリーがあります

個室タイプは、ベッドやデスク、収納など最低限の設備が備わった小さい部屋が1人1つ与えられるものです。

プライベート空間を維持したい人におすすめです。個室タイプの場合の相場は、立地にもよりますが、共益費込みで4万円〜7万円が相場です。

ドミトリータイプは、寝室に複数のベッドがあり、複数人で寝るものです。プライベート空間はベッドの上のみとなります。
この場合、料金はかなり安くおさえることができ、共益費込みで、3〜5万円程度となります。

やはりプライベート空間を維持したい人が多く、個室タイプはなかなか空いていないことが多いようです

 

一人暮らしとの比較

それでは、実際に一人暮らしをするのとルームシェアをするのでは、どのくらい家賃を安くすることができるのでしょうか。比べてみたいと思います。

東京都新宿区の場合

まずは人気エリアの新宿から。通勤エリアにもアクセスが良い新宿近辺でルームシェアをするとどのくらいおさえられるのでしょうか。

一人暮らしでは、家賃も高いですが、敷金・礼金の初期費用がとにかく高いですね・・・
しかし、ルームシェアは、初期費用が1人暮らしの時のものと比べて5分の1以下。
そして、シェアする為、家賃も安い・・・ 総コストが安くなるのは明らかですね。

 

東京都渋谷区の場合

次は若者に大人気な渋谷。よく遊びに行く、という人は多いですが、実際に住むとなると、相場はどうなのでしょうか。

渋谷の場合だと、より主要都市の駅から近いルームシェア物件は限られているのかも・・・
しかし、やはり一人暮らしとなると、敷金・礼金は高いですね。
駅から多少遠くても、渋谷でこの値段なら、ルームシェア向きかもしれませんね!

 

東京都中野区の場合

最後は飲みの街、かつアクセスが良い中野。終電を気にしないで飲める最高の機会・・・!そんな街の暮らしの相場はどうなんでしょうか!?

中野の場合は、他の2区と比べて一人暮らしも安めですね。
家賃が安いとやっぱり総コストも下がりますね~。
中野は飲み屋も多いし、アクセスも良いので、ルームシェアを始めるのにも良いのでは!

 

生活コストを抑えたい人におすすめなルームシェア、でもいきなり始めるのはハードルが高いという方には、1週間だけルームシェアが体験できるweeeksがおすすめです。

 

1週間だけ環境を変えてみよう!

共通の目的を持った仲間と一緒に共同生活してみましょう!

 

 

次世代のライフスタイルをシェアしよう