2万円から試せる「短期ルームシェア」で、マンネリした日常に非日常体験を

短期ルームシェアとは

短期ルームシェアとは、週末の3日間や1週間など期間を定めてルームシェアを行う、新しい暮らし方です。

通常のルームシェアを行う場合、①一緒に住むルームメイトを見つけ、②物件を賃貸契約し、③普通借家契約が大半なので2年間実行する、というのが一般的なやり方です。

実際はルームシェアの許可をしている物件オーナーを見つける事は難しく、せっかくルームメイトは決まっているのに物件が見つからない・・・なんてことも。

仮に物件が見つかったとしても、2年契約という縛りがある為、長期間暮らすうちに、お互いのライフスタイルのずれが広がり、途中解約にならざる負えないケースも往々にして発生します。

ルームシェアしてみたいけど、上記のような問題が気になってなかなか踏み出せない・・・そんな方に短期ルームシェアはおススメです。

シェアハウスとの違い

それでは、短期ルームシェアは一般的なシェアハウスとは何が違うのでしょうか?

まずは、一般的なシェアハウスの説明をします。

シェアハウスについて

シェアハウスは、シェアハウス用の物件を所有している業者とシェアハウス管理人がいて、業者がシェアハウスの集客、運用、管理人が住人のコミュニティ形成などの役割を担っています。

契約期間は、1ヶ月ごとの更新というケースが多く、有名なシェアハウスに「オークハウス」や「リバ邸」「アオイエ」などがあります。

ここから、短期ルームシェアとシェアハウスの違いについて説明します。

違い①期限があること

シェアハウスは、基本的に1カ月契約ですが、その更新は個人の判断に任せられており人によって利用期間が様々です。

一方、短期ルームシェアは、開始日も終了日も決まっており、体験に明確な期限があります。期限を明確にすることで、短期間でいい思い出を作ろうとするポジティブな感情が生まれやすく、逆に何か嫌なことがあったとしても我慢しやすいということがあります。

違い②スタートラインが同じであること

シェアハウスは、利用期間が個人によって様々なので、既存のコミュニティの入れ替えで成り立っています。共同生活に興味があっても、既存のコミュニティに入ることはハードルが高いと感じる人も多いでしょう。

一方で短期ルームシェアは、開始日も終了日も終わりの為、全員が同じスタート地点に立ってルームシェアの体験を楽しむことが可能です。

全員初めましての状態が、良質なコミュニティを生まれやすくします。

違い③非日常体験が目的になること

シェアハウスの目的は、住むこと、つまり日常です。

短期ルームシェアは、帰宅する家を変えるだけで、旅行のような感覚も残しつつ、会社に行くという通常の日常生活を保ちながら非日常体験を楽しむことを可能とします。

今住んでいる家を引っ越すことは難しいけど、どこか違う場所に住んでみたい、そんな人が1週間だけプチ家出をするという使い方もオススメです。

短期ルームシェアが体験できるサービス紹介

短期ルームシェアが気軽に体験できるサービス「weeeks」を紹介します。

weeeksは、1週間ごとにテーマを決めたルームシェア企画に申し込むと、マッチングした人とルームシェアを始めることができるサービスです。

現在(2018年9月)は、東京23区内で展開しています。

物件は、weeeks側で用意した物件を利用するそうです。

企画実行が決まったら、ルームシェア当日までに、確定したメンバーと事前にチャットでコミュニケーションを取り、当日を迎えます。

あとは、着替えや洗面用具などを持って当日物件に行くだけでOK。

利用料金は、6泊7日の1週間で25000円(税込)が平均価格だそう。

短期ルームシェアの口コミ

weeeksを使って短期ルームシェアを体験しているユーザーにはこんな人たちがいます。

事例①自宅と職場の往復の気分転換に

weeeksユーザーには、20代後半から30代の会社員のユーザーが多いです。

社会人生活にも慣れてきて、自宅と職場の往復にマンネリして来ている方にとって、住む場所を変えるだけで、いつも通り会社に行っているのに刺激的な毎日を過ごすことができます。

「おかえりと言われるのが嬉しい」「いつもより帰る時間が早くなった」という声もよく聞かれます。

事例②東京で就活に来る時の滞在先として

weeeksユーザーには学生の方も多く、特に地方や東京から少し遠い関東圏の学生が、インターンシップで東京に訪れる際に滞在先としてweeeksを利用しています。

ホテルで1人で泊まるよりも、社会人と話ができたり、社会人の生活を疑似体験ができるというメリットがあり、価格的にも1泊あたり4000円ちょっとなので、ホテルとそこまで変わらない値段で刺激的な体験ができるということで人気です。

事例③weeeksで暮らす

最近では、自分の家や賃貸契約をして定住先を持たずに、weeeksのサービスを利用して暮らす人も現れました。

weeeksは1週間ごとに住む場所を変える事ができ、その都度ルームメイトも変わるので、毎週新しい刺激ある生活を送ることができます。

昨今、ミニマリストという概念も広がって来ており、定住に縛られないライフスタイルを送る人も増えてきています。

短期ルームシェアはこんな人におすすめ

日常生活にマンネリしていて環境を変えたい

短期ルームシェアをすると、住む場所と出会う人を気軽に変えることができます。

なんとなく毎日がつまらなくなってきて何かを変えたいなと思っている人にぴったりです。

人が好き。いつもと違う属性の人と出会いたい

短期ルームシェアでは、新しい人との濃い出会いがあります。

会社関係のイベントや友達に紹介されたイベントだと、いつも同じような人に会うことが多いですが、短期ルームシェアでは全く別の属性の人と知り合うきっかけになり、新しい価値観を学ぶことができます。

引越ししたい/今とは違う場所に住んでみたい

引越しを考えている人、住む場所を変えたい人にもオススメです。

引っ越す前に物件の内見をする人は多いと思いますが、実際に住んでみないと分からないことも多いでしょう。引っ越し以外にも、1度はあの場所に住んでみたいという憧れや好奇心がある方にも、お試し住みが出来る「短期ルームシェア」はオススメです。

1週間2万5千円から~短期ルームシェアを体験してみよう!

少しでもマンネリした日常を変えたい方、記事を読んで短期ルームシェアの魅力を体験してみたくなった方、気軽に非日常を味わえる短期ルームシェアサービス「weeeks」への参加をオススメします。

weeeks : https://weeeks.jp

次世代のライフスタイルをシェアしよう